働き方改革の一貫として、労働基準法の改正が行われ、2019年4月よりすべての企業において年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日については、使用者が時季を指定して取得させることが義務付けられました。

取扱の詳細について厚労省より解説パンフレットが発行されましたので、ご覧ください

こちら→000463186